10、カナダ子供服市場

子供服(Infants wear)市場は0才から2才までの乳児を対象にした衣類市場を意味して、ドレス・服類セット・ズボンと短い運動ズボン・運動服(セーター含む)・寝巻販売などで細分化される。

○カナダ子供服市場はベビー ブーム以後全般的な新生児出生減少にもかかわらず、最近何年間着実に成長してきたし、これはベビーブーマー(50代前後)の子供ら、いわゆる'Echo Boomers'と呼ばれる世代らが家庭を作り始めることによって子供服をはじめとするベビー用品市場を拡大させたと分析される。

○また、現在のベビーブーマーの場合、過去老年層と違い年金・個人貯蓄・不動産価値上昇などの理由で経済的に豊かだからこれらが孫たちのために購入するベビー用品も相当したと調査される。

○また、去る1990年代末以後から持続しているアジアを中心にした移民増加はベビー用品に対する需要をより一層拡大させていて今後粘り強い成長が予想される。

 

□カナダ子供服市場規模および構造

○カナダの子供服市場規模はリサーチ専門調査機関はDatamonitorによれば、2005年基準約16億ドルで2001~05中年平均2.4%の成長率を現わしたし、これは190億ドルの米国市場と比較する時約1/12の大きさで、26億ドルのメキシコと比較する時約62%の規模を持ったと調査される。

○だが、米国とメキシコ市長がこの期間中約2%と1.9%成長したのと比較する時相対的に高い成長率を現わしていて、大部分の先進国で新生児の出生率が減少傾向を現わすのを勘案する時比較的良い実績を見せる。

<カナダ子供服市場現況>
○ 2005年から2010年期間中カナダ子供服は2006年以後米国の景気低迷と全般的な低い出生率にもかかわらず、エネルギーおよび資源開発ブーム、建設景気好調などに粘り強い成長の勢いを見せると展望される。 2005年から2010年まで年2.9%の成長をすると予想されて、2010年には18億7000億ドルに達することと展望されている。

○一方、米国とメキシコは同じ期間中各々3%と1.4%の成長率を記録して2010年には227億ドルと28億ドルに達すると予測される。

○カナダの子供服市場を品目別に調べれば、寝巻類が全体の46.8%を獲得最も高い市場占有率を現わしていて、後に続いて運動服(18.7%),ズボン類(17.7%)等が首位を占めている。

子供服市場動向

○カナダの子供服市場もその他国家の市場と同じように大きくPlease Mum,Children's Placeなどと児童用品専門衣類ブランド、Walt Disneyなどと同じキャラクター専門衣類ブランド・Gap・Tommy Hilfiger・Zara・Mexxなど既存成人ブランドの子供服用品ディビジョンで分けられるし、最近子供服用品市場の成長によりQuicksilver・Hurley・Guessなど既存成人ブランドの子供服用品市場進出が拡大している。

○また、アンゼリナ・ゾーリ・ギネス ペルトゥロウ・マドンナなど幼い子供を持ったハリウッド芸能人の影響で過去富裕層の専有物で見なされたBurberr・モスキート・アイスバーグなどブランド子供服衣類が一般大衆にまで拡大していて、これに伴い、子供服用品ラインを持っていないその他ブランドらの関連市場進出が列をなす。

○合わせて、多数の成人ブランドの子供服用品市場が本格化するということによって子供服市場にも成人ブランドのファッション傾向に多くの影響を受けている。

例えば、ヒップホップ衣類専門ブランドのHurley・Fubu・Eckoなどの場合、子供服にも既存の成人衣類の特性を反映してヒップホップ風が反映された子供服を大挙発売している。

最終更新日:2016/7/27