9、モスクワと中国の子供服市場

子供服は大型流通売り場で販売されて、ベビー用品やはり共に販売されている。 Banana Mama,Detskii Mirという子供服専門デパートがあって、以外にスキ間市場を狙う一般子供服売り場、そして需要の80%が取り引きされる一般市場がある。 このような市場は多様な種類の製品と適当な価格で消費者を引き込んでいる。

その他にも子供服市場は価格帯で分類できるが、30ドル以下の低価格対、20ドルから100ドルまでの中間価格対、100ドル以上の高価対(Christian Dior,Dolce & Gabanna,Burberry etc.)などに分かれる。 高価製品は子供服市場の5%を占める。  中産層以上のロシア人らは海外での子供服購買を好んで、市場関係者の話によれば、高価格製品の市場が毎年成長しているという。 以外にブランド品を50~70%程度割引する値引き売り場などのショップでの需要もある。

モスクワでブランド子供服市場は現在の成長の勢いで、最近オープンした子供服ブティックの年売り上げが70万ドルに達するという。 同売り場の価格帯は1ドルで500ドルまで多様で、モスクワそれだけでなく地方都市にも売り場を開く計画という。 専門家たちは前にロシア子供服市場はブランド認知度が高い業者なら展望があるという。 ロシア内で中間価格対以上の子供服市場網は形成されているが、ブランド売り場のほとんど不在した状態である。

現在ヨーロッパ産と自国産子供服の競争相手は中国産製品である。 大多数のロシアの両親たちは優先的に一般市場で子供服購買を好んでいる。 これはたとえ品質が落ちるが価格が50ルーブル~300ルーブル(2ドル~13ドル)程度で顕著に低く、選択の幅も非常に多様なためである。

中国子供服市場が有望だ。 最近中国の子供服輸入の需要増加で2003年中国の子供服輸入は前年対比49.8%増加した126万ドルを記録した。
中国子供服市場は潜在力と市場規模を持ったことで注目されている。 最近中国服装業協会で調査した資料によれば、現在の全世界子供服市場は1千2百億ドル規模の市場を形成しているのに、毎年8~9%の経済成長率を実現する中国の消費水準が向上するということによって中国も子供服消費大国に成長できると展望される。

中国の子供服生産力も侮れない。中国も子供服生産大国で日本の低価格製品市場では中国産製品が大きい比重を占めているほどだ。 2002年中国の子供服輸出額は前年対比36.3%増加した9億4千8百万ドルを記録したし、これは中国衣類全体輸出の2.2%に該当することが明らかになった。 中国の子供服輸出を主導する地域は上海を中心にした南東地域だ。

一方、中国が生産する子供服は中低価格製品中心に、中国内高級製品に対する需要を充当することができなくて輸入需要が速い速度で増加している。 中国の消費者らは消費水準が向上するということによって高い製品でも購入する意向があるが、高級製品の供給量がまだ需要をついて行くことができないから、相応の価格よりより多くやって購入しなければならない実情だ。 これは私たちの高級製品が中国市場に進入できる余地が多いという事実を反証する。
3才以下子供服の場合、中国ブランドで'インス'と外国ブランドに比べて販売実績が良かったと明らかにした。 4才以上の子供服の場合、 Mickey, Pepco, Antano等ブランド販売実績が良好だった。
台湾の'リインパンが最もよく売れたブランドであり、その他ブランドは互いに似た水準を維持したという。輸入製品は価格がとても高くて今のところは大連の一般消費者らが受け入れる難しい状況で、中国現地投資外資企業のブランドは販売実績が良好だと言及した。

大連市大型デパートを探す消費者らは子供のために購入する場合もあるが、これよりはお土産用で購入する場合が多いとデパート関係者たちは明らかにした。 しかし、中国全体買い物をすれば中国でParkland, Snoopyなど輸入製品が市場の50%を占めていて、消費者らから高い人気を享受していて中国産製品は30%だけ自家ブランドを保有している。

専門家たちは子供服市場が毎年8%の増加率を見せて成長すると予想するが、2003年に販売量が10億着に達したと推定している。
輸入製品は品質はもちろん色とデザインが皆優秀な反面、中国産は色が単調だったりあるいはとてもきらびやかでデザインも粗悪な製品が大部分だ。 これは中国の製造業者が研究開発に投資する費用が低いためだと分析される。

recommend

2017/10/13 更新