7、正しい下着着用 色デザインよりラインを見回せ

女性たちは下着でも流行を探す。それでシーズンごとに新しいデザインと色のブラジャーらがあふれ出る。だが、今回の秋にはブラジャーを選ぶ時色やデザインよりはそばの部分を注意深く見なければならないようだ。胸のそばライン整理のための機能が強調された新製品下着が出ているため。

以前はブラジャーのカップの部分やボリューム感を加えることができる機能などが重視されたが今年の秋の下着には側面の翼の部分にある‘キーパー’機能がポイントに浮び上がった。ぜい肉を押してデコボコ飛び出してこないようにしながら胸側に肉を集めるキーパー機能が正しくなされればボリューム業の効果も共に享受することができるそうだ。 キーパーはブラジャー翼に部分に挿入された副資材で、そば胸のぜい肉を整理するためのもの。 一般的にはプラスチックになったI形のスティックを入れたが、固くてからだによく密着しなかったり過度に圧迫感をあたえる短所があった。 今年の下着秋新製品らはこういう短所を補完するための多様なアイディアを含んでいる。
最近では、ペチコートと補正を含む下着も注目されていて、ぼこぼこした凹凸を滑らかに補正してくれる。こういったアイテムも興味深い。

X字形態に重なった二重の裏地でわき腹ぜい肉を補正するような下着にした。 既存のキーパーに比べてからだにぴったりに密着することが特徴。エブリンは長さが長くて幅が広いキーパーを使ってそばラインをなめらかに演出してくれる。 トライアンフは12㎝以上の高い翼と2個のキーパーを挿入してわきの下から登仙までのぜい肉をなめらかに整えてくれている。 ビーナスは多様な角度で曲がった3個のキーパーを使ってぜい肉を整理して胸を集める。
キーパーの機能と素材が多様化してわき腹ぜい肉を補正するとはしても自身のサイズより小さいブラジャーをする場合、キーパーも対応できない。 時々腹を押すコルセットと同じ効果を期待して実際サイズより小さいサイズのブラジャーを選択することが少なくない。小さいサイズの下着を着用すればかえって小さいカップが胸を押して肉を押されて上がるようにしてわき腹だけでなく前面まであごができて見た目が良くないだけでなく小さいサイズをずっと着用すれば胸形が変形されながらボリュームも小さくなるという。 ブラジャーを購入する時は売り場で直接着用してみてぴったり合うサイズがないならばある程度余裕ある下着を選択した方が良い。

ブラジャーサイズを正確に分かるためには真っすぐ立ったまま胸すぐに下の部分の下胸周りと乳頭をすぎる胸の最も広い部分の上胸周りを測らなければならない。 ブラジャーサイズは普通の下胸周りとカップ サイズと表示されている。

Valuable information

Last update:2016/6/29