8、下着トレンド 今やファッションアイテム

以前とは違い下着広告が大胆になった。 下着はもうドレス中に隠れるよりファッションという名前を付けて堂々と露出することを願っているようだ。 2010年秋冬ゲス アンダーウェアの広告を通じて下着トレンドを覗いて見た。

肌がほのかに表わすシースルー ルック、下着と上着の境界を置かないランジェリールックの流行はもう驚くことでもない。 ランジェリールックを着た芸能人らの画報がファッション雑誌に堂々とのせられる時代だ。 特に去る上半期に出てきたゲズ アンダーウェアの広告写真は下着がファッションの一部門を占めたことを如実に見せる。 広告はラブストーリーを主題で、俳優などがモデルで登場した。 大胆に下着を着てとったファッション画報というものもそうだが、
モデルが実際カップルという設定で当時大きい話題を集めた。

今回のシーズンにも堂々と着る下着が大勢だ。 ただし既存の女性的でやわらかい感じよりカリスマとセクシーだということが引き立って見える下着だ。 ゲズアンダーウェアの今回の広告はやはりこういうトレンドを反映した。以前の下着宣伝とは思えないほど蠱惑的で強烈な魅力を発散して外国男モデルらと似合ってとった画報はあたかもミュージカルの一場面のように派手だ。
見せたい下着’を主題で派手なパフォーマンスをリリースする下着業界。下着パーティーを開いてみたり。ファッションショーや下着コンテストなど、様々な展開をみせている。
下着は ビジュアル化してものすごい進化をとげているのだ。今下着の変身が眩しい。
下着といえば'隠さなければならないこと'で考える認識が強かったが今は変わった。 夫婦や近い仲でなければ見せることも、プレゼントすることも難しい隠密だという固定観念はもう'昔話'だ。
1990年代マドンナのランジェリールック ファッション熱風を始め国内下着広告に初めて登場した'下着もファッションだ'という文句はすでに大衆化して久しい。 皮膚衛生のために生まれてぎゅうぎゅうに隠されなければならなかった下着は堂々と'ファッション小道具'の隊列にのぼった。
最近舞台の上ショー衣装にだけ見えられた'シースルールック'は若い女性らの間に主要ファッション トレンドで急浮上している。 薄く映るブラウス中にブラックでも派手なカラーの下着をマッチしたり肩があらわれる衣装に肩ひもを露出するなど多様なランジェリールックが流行している。
下着に対する変わった消費者認識を反映するように下着マーケティングもより一層果敢だった。
普通下着広告は知名度が低い外国人モデルが実際に下着を着用している広告と有名スターが登場するが実際下着は着ていない二種類形態が大部分だった。 有名モデルの場合、'耳目'を引っ張るものの実際露出は制限されていて有名モデルの'スター性'に依存するような広告であった。

しかし下着に対するトレンド変化により有名スターらもオリジナル下着を果敢にリリースして破格的な姿を公表する事例が相次いでいる。
以後多くのブランドらが先を争ってスターモデルらが実際に下着をぴったり立派になっているイメージの広告を相次いでリリースしている。
女性のセクシーだということだけを強調した既存のアイビーとは差別化された魅力を消費者らに伝達している。
カルバンクライン アンダーウェアも俳優や歌手などを起用して下着広告を展開している。
下着は隠さなければならないアイテムでないかえって見せてあげたいアイテムで欲望を呼び起こしている。下着マーケティングもセレブリティとのイメージを高級に調和させて感性的なストーリーまで付与する時代で進化している。

最終更新日:2016/6/29